免許を取った時に大失敗に気づく

自動車免許を取ったのが遅めで、しかも運転が苦手なのに必要に迫られて免許を取得しました。

免許を取得した際に、マツダのロードスターを購入したのですが、ここでまず大失敗に気づきました。

独特の丸みを帯びたデザインに、初心者マークのマグネットを付ける場所がないことに、購入してから気づきました。

完全にやらかしてしまったわけですが、ちょうど初心者の私にロードスターはかなり乗りづらく、家族が車を交換して乗ろうと提案してきたので、渡りに船とばかりに車をしばらく交換して乗ることにしました。

運転初心者の私は当然車についてもど素人だったのですが、代わりに来た車はフォードのエクスプローラーという大きなアメリカ車です。

しかも、左ハンドル車で、何が何だかわからないまま、とりあえず初心者マークを貼ることができることに機嫌を良くし、その後悪夢のドライブ生活が始まりました。

私は田舎に住んでいるのですが、かなり道が狭く、友人知人の家に行くのに細い道を通ることになるのですが、左ハンドルのアメリカ車は、そのような道に全くマッチせず、初心者なので対向車が怖くて友人宅に行く機会がぐっと減ってしまいました。

又、エンジンをかけたらボンネットから煙が噴き出したことがありましたが、車のしくみなどまったくわかりませんので、慌てて家族に電話をしながらなんとか対応しました。

細い道で対向車が私のミラーとぶつかったことがあり、なんと相手の方のミラーがもげてしまった事があります。

相手は板金屋さんで、お客さんの車を納車しに行くところだったのでかなり青ざめていました。

左ハンドルなので、ぎりぎりまで左に寄ったのですが、相手もお客さんの車をぶつけたくなくて、あまり左に寄せなかったため起こった事故ですが、相手の方の心中を察すると、つられて私も青ざめてしまいました。

幸い私の車は無傷で済みましたが、身が引き締まった瞬間でした。